『花束みたいな恋をした』みたいな映画が見たい!花恋と雰囲気が似てる映画9選

花束みたいな恋をした みたいな 似てる映画

2021年の大ヒット映画『花束みたいな恋をした』。

幸せそうな恋人同士が切ない結末を辿る、その雰囲気に魅了された方も多いはず。

こちらではそんな『花恋』に似ている映画を、ファンの方に語っていただきました。完全に主観で選んでもらっています!

『花束みたいな恋をした』どこで見れる?

『花束みたいな恋をした』みたいな映画が見たい!雰囲気が似てる映画9選

こちらではファンの方が「花恋に似てる!」と感じた映画を9本ご紹介。

  1. 愛がなんだ
  2. ちょっと思い出しただけ
  3. 生きてるだけで、愛
  4. 明け方の若者たち
  5. 世界の中心で、愛をさけぶ
  6. ピース・オブ・ケイク
  7. プラダを着た悪魔
  8. NANA
  9. 恋は雨上がりのように

花束みたいな恋をしたに似てる映画①
『愛がなんだ』

公開年2019年
主な出演者岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也

原作は小説「愛がなんだ」。恋人同士では無い2人とその友人たちの、恋愛観や人間関係で生まれる葛藤を描いた作品となっています。

20代女性

『花恋』と『愛がなんだ』 は、主人公2人が恋だが愛だか分からない感情を抱え込んで関係を難しくしていくところ、それに伴って登場人物がサブカルチックな所が雰囲気がやや似ているなと思いました。

また普通のハッピーエンドではなく、観た人がそれぞれ感じるものが違うところも似ています。どちらも「私にとって恋愛って?人を好きになるってなんだろう?」と深く考えてしまう作品です。

20代女性

花束みたいな恋をしたと愛がなんだはどちらとも、女性側の方が好きな気持ちが強いところが似ているかなと感じます。相手のことを思って苦しくなったり、好きすぎて気持ちが前のめりになっていたりするところもあるような気がします。

世界観もどこか日常感があって、ほのぼのしたシーンもあるところが似ています。好きな人への想いが溢れていて、つい色んなことを考えてしまっていくのもあるかなと感じます。どこか儚さもあり似ています。

花束みたいな恋をしたに似てる映画②
『ちょっと思い出しただけ』

公開年2022年2月11日
主な出演者池松壮亮、伊藤沙莉、成田凌

ケガで夢を諦めステージの照明の仕事をしている主人公の男(赤松壮亮)と、タクシードライバーの女性(伊藤沙莉)の恋愛を描いています。1年ごとにさかのぼって描く2人の6年間が切なくもいとおしく、会話劇としても楽しめる作品です。

20代女性

主演二人の会話劇がテンポよく、心地いいです。ジムジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット」が出てくるのですが、非常に印象的な場面になっています。

『花束みたいな恋をした』に似ている部分は2人とも愛し合っているし、とても思いやっている…しかし別れるしかない状況という恋愛をしているところです。また何気ない日常がキラキラと輝いているような場面がちりばめられていて、20代のころに見たかった映画だと実感させられるところです。

どちらも二度と戻らない、日常を愛おしむことができる作品です。

20代女性

「花束みたいな恋をした」に似ている点は、男女のちょっとしたすれ違いから段々と歯車が狂っていき別れへと繋がる点です。とにかくリアルな二十代の恋愛模様が描かれています。

またどちらの作品も時間軸のトリックがあり、冒頭が別れた後のシーンが入り、そのあと過去に付き合っていたシーンが流れ、最後に冒頭のシーンへ繋がるという所が似ていると思いました。

ただの恋愛映画ではなく、少し捻られている部分も人気映画の理由の一つだと思います。ほろ苦く、だけど心に染み込む映画なので、どちらも見てよかったと思える作品です。

30代男性

二人の男女の出会いと別れを丁寧に繊細に描いた映画ですが、時系列が新しいものから古いものに遡っていく展開が目新しく、素晴らしい恋愛映画です。

『花束みたいな恋をした』も『ちょっと思い出しただけ』も視聴者が自分の思い出と照らしあわせ、一緒に悲しみ、懐かしさに浸れる上質な作品です。とくに出会いからピークまでをメインにする映画は顕著ですが、別れの時間や経緯も「思い出」として丁寧に描写されているところは素晴らしいなと感じます。

また恋愛をただ消費されていくムーブとして捉えるのではなく、二人にしか出せない空気感や感情の機微を丁寧に描いている様子は二作品に共通する良さで、何度でも見返したくなる作品です。

花束みたいな恋をしたに似てる映画③
『生きてるだけで、愛。』

公開年2018年
主な出演者趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、仲里依紗など

ひきこもり気味の女性と、他人と距離を置いて生きる男の愛を描いた作品。それぞれにいろんな想いや葛藤があって、それでも二人でいる時間やお互いの存在の意味を感じていきます。

20代女性

男女のリアルな日常を表現しているのな、とても似ているなと感じます。

『花束みたいな恋をした』は会話のやりとりや一緒にいる時間がたくさんあります。一方『生きてるだけで、愛。』もお互い一緒にいる時間がたくさんありますが、会話はそこまで多くありません。その分、男女が一緒に暮らしている日々や二人の独特な世界観は似たものがあるような気がします。

『生きてるだけで、愛。』は少しダークさもありますが、生活感溢れている感じが似ています。花恋のあとに見るのがおすすめかなと思いました。

花束みたいな恋をしたに似てる映画④
『明け方の若者たち』

公開年2021年
主な出演者北村匠海、黒島結菜、井上祐貴 ほか

北村匠さん主演の恋愛映画です。ひょんな事から知り合った女性に一目ぼれをし付き合って行きますが、彼女には秘密がありました。楽しく付き合う二人を観ているこちらには分からなかった事実が、後半分かってくるという切ない設定です。

50代女性

主人公が大学生から社会人となって行く若者たちの様子が描かれている部分が似ていると思います。その時々の心の変化を丁寧に描いていました。

働き出してからのちょっとこんなはずではなかったと社会人として悩む様子や、付き合いだして楽しく時を過ごす二人の様子は微笑ましく。

近い将来に別れが訪れてしまうとはなかなか想像出来なかった所も似ていて、最後はちょっと切ないような寂しい気持ちが漂いつつ終了となるのが同じ部分かなぁと思いました。

花束みたいな恋をしたに似てる映画⑤
『世界の中心で、愛をさけぶ』

公開年2004年
主な出演者大沢たかお、柴咲コウ、森山未來、長澤まさみ など

同じ坂元裕二脚本の作品。どちらの作品も名言がある訳ではないですが、日常会話の中に心に刺さるセリフがたくさんある部分が共通しています。

20代女性

どちらの作品も坂元裕二さんが脚本の作品なので似ていると思います。どちらの作品も惹かれ合い、別れるまでの作品になっており、お互い別れたり離れていても距離は遠くても近くに感じる描写が多いことも似ていると感じました。

役者の見せ場というシーンがあるわけではないですが、終わった後に役者のことが好きになるくらい出演者の魅力が引き出されているシーンがあるところも似ていると思いました。

ラブストーリーという括りの作品ですが、恋愛は普段の生活のほんの一部に過ぎないという描き方も似ていてラブストーリーが苦手な人でも見やすいところも似ていると思いました。

花束みたいな恋をしたに似てる映画⑥
『ピース・オブ・ケイク』

公開年2015年
主な出演者多部未華子、綾野剛、菅田将暉 ほか

彼氏と別れたヒロインは引っ越したアパートの隣に住んでいる男性に一目ぼれ。そこからバイト先の店長がその男だったり、その男には彼女がいたり…男が彼女と別れた後、2人は両思いなります。しかしその後も様々な難題が2人を襲います。一回は別れた2人ですが数ヶ月後また再開して...というあらすじ。

30代女性

どちらも20代の恋と成長を描いた映画です。最終的に『花束みたいな恋をした』は別れを選択、『ピースオブケイク』は復縁で結末は全く違うのですが、その結論に至るまでの気持ちの変化やすれ違い、成長の仕方など若ければ若いほど共感するんではないかなと感じます。

30代になって見たらあぁこんな切ない気持ち懐かしいなと昔に戻った感覚を味わえます。余談ですがピースオブケイクにもチャラ男役で菅田将暉が出ていますが、花束の菅田将暉とは全く違いそのギャップも萌えます。

花束みたいな恋をしたに似てる映画⑦
『プラダを着た悪魔』

公開年2006年
主な出演者アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ ほか

アンハサウェイ主演。ひょんなことからファッションに全く詳しくない女性がファッション業界で働くことになります。上司である女性にきつくしごかれながらも、着実にファッション業界の上に挙がっていきます。しかしプライベートは反比例するように悪くなり…という内容。

20代男性

恋愛面が似ています。花束のほうも最初はラブラブだったのですが、徐々にすれ違っていきました。最終的に悲劇で終わってしまいます。プラダを着た悪魔もファッション業界でキャリアを積んでいくごとに彼氏と険悪になっていきます。そのすれ違いは似ています。

また恋愛をしていて幸せそうな姿も似ています。最初のシーンはお互いに特に幸せそうです。また、最終的に別れてしまうという点も似ています。お互いに納得して終わる点もそっくりです。

花束みたいな恋をしたに似てる映画⑧
『NANA』

公開年2005年
主な出演者中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、丸山智己、成宮寛貴、松山ケンイチ、玉山鉄二 ほか

アーティストを目指すナナと、彼氏を追いかけてきたハチがひょんなことから出会い、ナナとハチの一見かみ合わなそうな二人の生活がスタート。着実にアーティストの方面に行っているナナと、成長するハチの物語。

20代男性

恋愛面での最終的には報われないような形で終わってしまう点が似ているなと思いました。

花束のほうもハッピーエンドで恋愛が終わるというわけではないです。ナナもハチの恋愛が浮気で終わってしまったり、ナナの恋愛も上京という出来事で終わってしまったりと恋愛に挫折があります。

また、人間的な成長をしている点も似ています。どちらの作品もレ内や人生を通して人としてさらにレベルアップしています。また、運命的な出会いの観点も似ています。

花束みたいな恋をしたに似てる映画⑨
『恋は雨上がりのように』

公開年2018年
主な出演者大泉洋、小松菜奈 ほか

小松菜奈演じる女子高生と大泉洋演じる中年男性の淡い恋の物語。交わることのない2人の人生が交わっていく様子、惹かれあっていく様子をゆっくりと描いた学園ものです。恋愛映画っぽくないので、恋愛映画が苦手な方にもオススメです。

20代女性

題材やテーマは全く違うのですが、ゆっくり物語が進んでいく感じや、日常を切り抜いたようなリアルなストーリーが「花束みたいな恋をした」にすごく似てると思います。

『花束みたいな恋をした』では大学生だった2人の5年間を描き、『恋は雨上がりのように』では高校生と中年おじさんとのひと時を描いておりますが、2人の不器用な感じや、感情が交わるところがすごく似ていて、何より作品を通して「美しい記憶」が映像化されているところが似ています。

 

まとめ:『花束みたいな恋をした』に似た映画

ここまで「花束みたいな恋をした」と似ている映画をご紹介しました。

  1. 愛がなんだ
  2. ちょっと思い出しただけ
  3. 生きてるだけで、愛
  4. 明け方の若者たち
  5. 世界の中心で、愛をさけぶ
  6. ピース・オブ・ケイク
  7. プラダを着た悪魔
  8. NANA
  9. 恋は雨上がりのように

どれも単純なハッピーエンドで終わらせない所は共通点かもしれませんね。見た人によって感じ方が違うのも興味深いポイントでした。

『花束みたいな恋をした』の関連記事

  • この記事を書いた人

疾風エンタ!編集部

動画配信サービス情報サイト『疾風エンタ!』運営。ドラマ・映画・アニメなど幅広く。スポーツ全般が好き。

-邦画
-

Copyright© 疾風エンタ!|映画・ドラマ・アニメ見逃し動画配信まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.